皆さん!

水分補給はこまめに行っていますか?

熱中症予防のためにも、忘れないようにしましょう。

 

という事で、今回は、

“ポカリスエットという飲料品について、

取り上げてみます。

 

なぜ今さら?

とお思いの方もいらっしゃいますよね。

 

でも、実際どうなの?

と有耶無耶(うやむや)のままにして、

どんな飲み物か知らない方も多いかと思い、

踏み込みました。

 

…考えすぎ?(・・?

 

それはさておき、さっそく本題に移りましょう。

 

ポカリスエット(POCARI  SWEAT)

 

今回はパウダー状のものを用意しました。

通常は、ペットボトルですよね。

(#^.^#)

 

用途について

 

ポカリスエットとは?

箱に記載している内容をそのまま引用すると...

ポカリスエットは、発汗により失われた水分、電解質をスムーズに補給する健康飲料です。
適切な濃度と体液に近い組成の電解質溶液のため、すばやく吸収されます。
仕事、スポーツ、風呂上がり、寝起きなど、様々なシーンにおいて渇いたカラダに適した飲料です。
保存性・携帯性に優れた粉末タイプは、場所を選ばすどなたにも手軽にお召し上がりいただけます。

 

名称・成分表示

 

項 目 内 容
名称 粉末清涼飲料
原材料名 砂糖(国内製造)
ぶどう糖
粉末果汁
デキストリン
食塩/酸味料
香料
ビタミンC
塩化K(カリウム)
調味料(アミノ酸)
乳酸Ca(カルシウム)
炭酸Mg(マグネシウム)
内容量 370g(74g×5袋)
賞味期限 計算すると、1年以上は持ちそうです
保存方法 高温を避けてください
アレルギー物質 27品目中、該当なし
栄養成分表示

1袋74g当たり(1L用)

エネルギー:288Kcal
タンパク質:0g
脂質:0g
炭水化物:73g
食塩相当量:1.32g
カリウム:214mg
カルシウム:22mg
マグネシウム:6mg
電解質濃度(陽イオン)

単位:mEq/L

Na⁺   :21
K⁺     :5
Ca²⁺  :1
Mg²⁺  :0.5
電解質濃度(陰イオン)

単位:mEq/L

Cl          :16
citrate³⁻ :10
lactate⁻  :1

 

商品コンセプト

 

飲む点滴、だそうです。( ;∀;)

 

 

ライバル製品

 

コカ・コーラのアクエリアスがライバルとの事。

 

ポカリは甘味があり、アクエリアスには酸味があり、

これはあくまでも好みによって分かれるところです。

 

Q&A

水分補給を忘れるとどうなりますか?

身体の中の水分が、3%失われると、強いノドの渇き・ぼんやり・食欲不振などの症状がおこり、4〜5%失われると、疲労感・頭痛・めまいなどの脱水症状があらわれます。そして、10%以上失われると、死にいたることもあるとの事です。

3%と言ってもピンときませんが、例えば、1回おしっこに行くと、男性女性また年齢にもよりますが、大体平均で、200ml~400ml排出されるようです。1日に4回から8回の頻度で計算すると、少なくて800ml/日、多くて3.2L/日という事になります。ですので、平均で1.5~2Lほどの水分は補給したいところです。

水分補給には、ただの"水"ではだめでしょうか?

汗として身体から失われる水分は、ただの"水"ではありません。ナトリウムやカリウムなどの、"イオン(電解質)"を含んだ水分です。

汗をたくさんかいたときに、水だけを飲むと、体液が薄まるのを防ぐために、脱水から回復していないのにノドの渇きがおさまってしまったり、尿の量が増えたりすることがあります。

だから、汗をかいたときの飲みものとして、体液に近いイオンバランスを持ったポカリスエットがいいのです。

このことは、さまざまな研究や調査によっても明らかにされています。

塩分が必要だとよく言われますが、適切な量はどれほどでしょうか?

厚生労働省と日本体育協会が熱中症対策として推奨する飲料の塩分濃度は0.1~0.2%です。このとき100mℓ中には40~80mgのナトリウムが含まれています。

ポカリスエットは、100mℓ中に49mgのナトリウムを含んでいます

健康な成人9名を対象に体重の4%脱水させた後、脱水したのと同じ量の“水”と“ポカリスエット”を飲んだ試験で、水を飲んだだけでは血漿(血液の液体成分で、本当に身体の中に水分が入ったかをみる指標)量は十分に回復しませんでしたが、ポカリスエットを飲んだときには水よりも速やかに回復しました。

このことから、ポカリスエットは、汗をかいて失われた水分とイオン(電解質)をスムーズに補給できる飲料であることが、実証されました。

まとめ

▲ポカリスエットの粉末(パウダー)を入れたところ

 

わたしはあまり割合を気にせずに

粉末を混ぜて飲んでいましたが、

これからは気を付けたいと思います。

 

▲水を注いで混ぜた状態

 

最後にもう常識ではありますが、

一度にまとめて水分を摂るのは

良くないと言われていますね。

 

ですので、こまめに少量を、

間隔が長くならないように摂取するのが、

ポイントです。

 

あわせてこちらも参照頂くと嬉しいです。

 

GALEでした。(^^♪

 

おすすめの記事