実はわたくし英語が好きなんです。

 

今後国内で増えるであろう外国人との

接触の機会も多々あるかと思います。

 

同じ人間なのですから、

楽しく会話してみたいですよね。

 

それでこれからは、合間を見て、

英語の時間を作って参りますので、

気楽な気持ちで構いません、

ご参考までにどうぞ。(^_-)-☆

 

今回のテーマは、

「英語脳」です。

 

英語で言うと

 English brains 

ですね。

 

英会話で一番求められるのは、

レスポンス(応答)の速さです。

 

相手の会話にすぐに反応できるかが

重要となります。

 

もちろん、訓練なしでは、

誰も英語脳を作ることはできません。

 

簡単にとは言いませんが、

コツを掴むのが、今回の狙いです。

 

是非その秘訣を学んでください。

 

それでは、カリキュラムですが...

英語脳養成カリキュラム

The Curriculum for the Development of the English Brain

日本語に訳さない習慣

Make a habit of not translating into Japanese

 

どういう事かと言うと、

恐らく慣れないうちは、英語を聞くと

    1. 英文を単語の正しいスペリングと共に思い浮かべ、
    2. その英文のまま正しい日本語の文章に置き換え、
    3. 日本語のまま理解をし、
    4. 今度は日本語で返事をするための文章を考え、
    5. 英文に置き換えて、
    6. 間違っていないかどうかを気にしながら、
    7. さらには、発音も正しくできるかどうかも気にしつつ
    8. 勇気を絞って、ようやく英文を口にする

という具合に、思考が流れていきます。

 

たったの一文を聞くたびに、

この思考の流れでは、会話が成り立ちません!

 

それで、次のトレーニングを行うことにより、

グッと、この思考の流れを短縮できます。

 

瞬発力トレーニング

 

例えば、相手が英語を話し始めた途端に

最初の言葉を瞬時に聞き取り、

それがどんな英文になるかを

予測できるようになるとしたらどうでしょうか?

 

    1. 話し始めた瞬間の音を聞き分け
    2. 相手が全文を言い終える前に返事を考え、
    3. 英文を口に出す

 

これこそ、まさに「英語脳」の状態と言えますね。

 

そんなことが可能なのでしょうか?

 

はい、可能です

 

あなたにも経験があると思います。

 

相手が話している間に、

口を挟んでしまったり、

返事がすでに決まっていたり、

最初から、そう言うだろうなぁと分かっていたり、

質問が思い浮かんだり、

等々...。

 

洋画や、外国のドラマを観ていると、

外人さん同士での会話なんかでも、

相手が話している間に、次から次へと

会話をかぶせてくる場面というのは

よくあることです。

 

実は英語のほうが、

日本語よりもそうなりやすいのです。
      (早めに返事を決めやすい)

 

どうしてそう言えますか?

 

それは、

  • 日本語は、最後まで聞かないと結論が分からない言語であるのに対し、
  • 英語は、最初の段階で、結論が先に分かってしまう言語だから

です。

 

一例を見てみましょう。

日本語と英語の思考の大きな違い
【日本語】の場合
明日の天気が雨なら、試合が中止になって休めるから(僕は)うれしいのになぁ
⇒ 誰がどう思うのかが、最後まで聞かないと全く分からない。
【英語】の場合
(僕は)嬉しいんだけどなぁ、休めるから、試合が中止になるから、天気が雨ならね、明日。
⇒ 最初の段階で、どんな気持ちなのかが分かり、最後まで聞かなくても、
「僕もそう思うよ」「そうなれば良いよね」「よくわかる」という返事がすぐに思いつく。

いかがでしょうか?

何となく意図が伝わりましたでしょうか?

 

それでは、本題の

「瞬発力トレーニング方法」
  (GALE式と命名します)

をご披露いたしましょう!

 

1.話し始めの1音を聞き分ける
  ※ 超ウルトライントロクイズのノリで...
古くてごめんなさい('Д')

 

「アィ」から始まる音の場合

 

①自分自身に注意を向けている内容になる

アィ(ン)、アィウォ、アィウ(ル)、アィキャーン...

 

②この時点で、次の言葉を発する用意ができて、

余裕が生まれます

そうなんだ / アィスィー、イズダッソ

わかるよ / アィアンダステン

私もそうだよ / ソゥドゥアィ

やっぱりね / アイソゥトソゥ

すごいね / アメィズィン、グレィ(ト)

良かったね / グッフォユー

 

③次に聞き取る音は状態や動作を表す言葉です

うれしい / グラッ(ド)、ハ(ッ)ピー

持っている / ハヴ

買いました / ボゥト

疲れました / タィアード

楽しかった / エンジョイド

悲しい / サッド

 

長くなりそうです。

 

 

 

おすすめの記事